読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

That reminds me

そういえば・・・から始まる書き残しておきたい自分の家族の話

車いすを押すのは、思っていたよりも難しい

車いすって、楽に押すことができますが、案外コツが必要なものなのかもしれないと思っている。

 

母は入院してから車いすに乗っている。

必然的に、私が「車いすを押す」という機会がある。

 

小中学生の時に、車いすを押したことはあった。

でもそれは、数メートルだけのことで、スムーズに動くんだなぁ程度しか分からなかった。

 

今も病院や介護施設の中であれば、スムーズに動かせるし、難しいと思うことはほとんどない。

でも、外に出ると少し違う。

道路はボコボコしているし、段差も多い。

普段歩いている時には気づかなかった、ちょっと斜めになっているような所も気になる。

 

私が最も難しいと思うのは、段差を超える時。

ちょっと車いすのキャンスターを上に上げないといけないのだけれど、これがなかなか上手くできない。

車いすに付いているバーを足で踏んで、車いすのキャスターを上げれば良いのだが、スムーズにいかないんだよなぁ。

 

車いすの押し方を調べてみると、図では簡単そうに見えるのだけれど、思っているよりも難しいし、コツというか慣れが必要だと個人的には思っている。

車椅子の操作方法

 

もう少し上手く押せるようになりたいと思う今日このごろ。